ライブの合間のひととき

ライブの合間のひととき

キーボーディスト埜々下 郁です。

やっと落ち着きを持ち始めた日常

去年は母が病に倒れ、看病&介護の日々。

それに一人息子の勝負の受験が重なり先の見えない毎日に一人耐えた一年でした。

そんな中でも、「音楽」を仕事にしている私には、音楽をやめることさえできず、この大変な毎日の中でも前に進めることを見つけてきた日々。

Elfeaceの相方の進化したい気持ちに支えられて、できることを見つけてこれた気がします。

大変だったけど

走ることを止めない私には

家族の大変さがいいブレーキになり

なにが大事で何が必要じゃないかを見極められた時期だったのかもしれません。

「ゆっくりと豊かに毎日を過ごしたい」

そんな呑気な私にぴったりの日常がやっと訪れ始めました。

10月からのレコーディング、そしてCD製作。

たくさんの方に支えられて4月30日にはCDリリース&レコ発ライブ

今まで何枚もCDを出してきましたが、これだけエネルギッシュにスタートを切れたのは驚きでした。

レコ発Breakthrough動画はこちら

5月16日からの関西ツアー

関西ツアー神戸編動画はこちら

たくさんの方々に出会いがあり

私はミュージシャンなんだなと感じたのです。

人一倍自信がない私

自分で自分を評価できない分、メンバーやファンの方、お店のオーナーさんに温かい言葉をかけていただく度に

私はこの生き方で大丈夫なんだね

と、たくさんの勇気をいただきました。

そんな毎日が過ぎ、6月からは宿毛中心の生活がスタートです。

豊かな日々は

きれいな景色を見て

音楽室でピアノを弾く

三時のおやつを母と食べて

またピアノを弾く

買い物がてらに立ち寄った道の駅で

夕日まじりの海を見る

自然の呼吸を感じて生きる毎日は

インスピレーションの源

ここ、高知の宿毛にきたからこそ

作曲を始めた私

ここに来なければ

今の私はいないんだなと

宿毛で出会ったいろいろな出来事にも感謝できる気持ちになれた

私が自分らしく生きるために

自分をみつけるためにたどってきた道

きっと今からは幸せな毎日が

広がっていくんだなって

そう思った1日でした。

昔作曲した曲をまたリアレンジしてみようかな……