ピアノと私と今の私と…

ピアノと私と今の私と…

ピアノをライブで弾くようになったきっかけ

それは、川久保望美ちゃんがクラシックギタリストだからじゃあ、私もピアノで!

そんな軽い気持ちからでした。

そんなピアノは私にとってトラウマの固まり

小学生から始めたピアノはエレクトーンより始まりが遅く、なかなか進まなかった楽器。

大学受験でピアノが必須になり、がむしゃらに弾きました。

誰よりも上手になりたかったから。

クラシックに憧れがあったから。

毎日毎日五時間以上弾いて、主科のエレクトーンも五時間以上弾いて………
そんな日々を過ごしていたら腱鞘炎になりました。医者からは演奏をやめることと手術を進められました。

致命的なのは、筋や骨の細さから演奏家に向かないのだと言われたこと。

プロの演奏家になりたかった私は、そんな現実を受け止められないで泣いてた日々。

そんな中、曲を作ることに目覚めました。

今思えば、師匠は作曲家でジャズピアニスト。音楽は、弾きたおして追究していく世界だけじゃないことを、ライブや作曲活動などで見せてくれていたから。

私も見よう見まねでやってみました。

そこから、MagiAIslandがうまれ、たくさんの曲ができました。


難しいクラシックは弾けないけど、自分のために作った曲なら弾ける。

ピアノは88鍵の中にオーケストラがあり、そして倍音がなり、ハーモニーが混ざることが気持ちいい楽器。

素晴らしい楽器で大好きな楽器です。

長い間生きてきた中で、一度は挫折したピアノも、作曲という方法で向き合えてる今。

きっと、腱鞘炎で苦しんでいた頃の私がいまの私を知ったらびっくりするだろうな。

ピアノでライブ。そしてソロアルバムまでだしてしまい、クラシックギタリストと一緒に活動しているなんて!


あさってのライブには、ピアノ関係の方がきてくださいます。

正直、ピアノテクニックは自信ない^^;
でも、気持ちを音にして伝えることだけは、自信があります!
ピアノを超えた音楽ができたらなって。

そう思うんです。
ジャンルや肩書きや形式にとらわれない私だけの音楽を作っていきたい。

そう思うんです。