On the air Elfeace6回目公開とおまけの話

NO IMAGE

のんちゃんとかおるさんの音楽会の宣伝&細木ユニティ病院でありました演奏会の模様をダイジェストで公開です!

On The Air Elfeace6回目
前回でもお話しましたが、クラシックギタリスト川久保望美さんとは、DVD Coronaria mi-faを発売から一緒に演奏活動を始めました。


でも、お知り合いになったのはいまから7年ほど前
きっかけはElfeaceの相方がまだアコースティックギターしか演奏していなかった時期にライブに出演していた時に一緒にでていたクラシックギタリストさんでした。

私はそのときは、普通の客(笑)

それから、意気投合し友達としてどんどん仲良しに。

ランチにいったりお泊まり女子会したり、朝まで話したり。

のんちゃんのことはたくさん知っている私でした。

彼女には長年の悩みがあり、原因がわからない症状があり、たまに生きることに行き詰まり、何度も怒り励ましてきたことか。

不思議と

彼女の優しさと強さに私が助けられてた。

だから、彼女の弱さなんて気にもならず、

むしろ、そこはサポートしていけばいいといつもそう思っていました。

ただ、悩みは深く解決しない不安はどうしてあげることもできなかったのです。

そんなある日、彼女の謎の症状が、広汎性発達障害だと判明したことがわかりました。

わたしは、このことが、彼女を守り解放してくれたように思い、抱きしめ、もうがんばらなくてもいいねって言ったのを覚えています。

それから、時がたち、映像音楽をしてみたかった私の夢のタイミングにのんちゃんの写真が飛び込んできました。

携帯でとる写真

ありきたりな機器で、ありふれた風景をとるだけ

でも、色のコントラストやバランスが絶妙で、ありきたりだからこそ、その中にあるメッセージは素晴らしかった。

彼女の写真にインスパイアされ、二年かけて、5曲の楽曲を書き下ろしました。

それから、クラシックギターとピアノのためにアレンジ。できた曲に写真を合わせ発売したDVD Coronaria mi-fa

DVDツアーではたくさんの方に応援していただきました。

それから、しばらくのんちゃんは体調を崩し、演奏活動ペースダウンになりました。

これも、障害からくる違う病気がきたためです。

でも、彼女って、頑張りやさんだから、頑張りすぎるとこうやってブレーキかけてるんです。私はそのバイオリズムを長年のつきあいからか、どこからかわかっていたので

いつも「お疲れ様。すこし休んでまた頑張ろう」って思っていました。

やっと、体調も戻りつつある最近になり、新しいシリーズ「のんちゃんとかおるさんの音楽会」をスタート。

のんちゃんとのリハはクラシック曲が多いのに、昔していた女子会みたいなリハ(笑)

お菓子食べてお茶して、弾いて間違って笑ってまた弾いて………

ストレスがない時間なんですね。

そして、ふと思います。

障害ってなんだろ?

私は、彼女といて、障害だなんて思ったこともない。

のんちゃんが生きていくうえで、きっと必要な機能なんだと認識しています。

がんばりやさんで、壊れる前にブレーキかける機能

安全装置みたいなものですね。
そんな、暴走気味(笑)なかのじょだからこそ作れる世界はあると思っています。

私も、のんちゃんとかおるさんの音楽会で、彼女の世界と共鳴して

クラシックnonoshitakaoruを楽しんでいきたいと思います。